○養老町延長保育事業実施規則

平成29年3月29日

規則第11号

(趣旨)

第1条 この規則は、町立認定こども園及び保育園(以下「こども園」という。)における延長保育の実施について、必要な事項を定めるものとする。

(実施施設)

第2条 延長保育の実施施設は、別表第1に定める施設とする。

(実施時間)

第3条 延長保育の実施時間は、午前7時30分から午後6時30分までの時間から養老町認定こども園条例施行規則(平成29年養老町規則第6号。以下「規則」という。)第10条1項第3号に規定する保育・教育時間を除いた時間とする。

(対象児童)

第4条 事業の対象となる児童は、養老町保育の必要性に係る認定の基準等に関する規則(平成26年養老町規則第25号)第7条の規定により、現にこども園の利用決定を受けている支給認定子ども(子ども・子育て支援法(平成24年法律第65号)第20条第4項に規定する支給認定子どもをいう。以下同じ。)とする。

(申込み及び決定)

第5条 支給認定子どもの保護者(以下「保護者」という。)は、事前に延長保育の利用を希望する場合は、延長保育申込書(様式第1号)を町長に提出しなければならない。

2 町長は、前項の規定による申込みがあった場合は、その内容を調査し、延長保育の必要があると認めるときは、延長保育承諾書(様式第2号)により、延長保育の実施を決定するものとする。

3 やむを得ず、臨時に延長保育を利用した保護者は、延長保育利用臨時申込書(様式第3号)を町長に提出しなければならない。

(保育料の徴収)

第6条 町長は、延長保育を実施した支給認定子どもの保護者から、別表第2に定める延長保育料を徴収するものとする。

2 町長は、災害その他特別な理由により前項に規定する延長保育料を納入することが困難になったと認める者について、当該延長保育料を免除することができる。

(委任)

第7条 この規則に定めるもののほか必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

この規則は、平成29年4月1日から施行する。

別表第1(第2条関係)

名称

位置

養老町立養老こども園

養老町高田231番地1

養老町立広幡こども園

養老町口ケ島191番地1

養老町立上多度こども園

養老町小倉419番地1

養老町立船附こども園

養老町船附251番地1

養老町立こばとこども園

養老町滝見町170番地87

養老町立日吉こども園

養老町宇田66番地

養老町立養北保育園

養老町飯田790番地

別表第2(第6条関係)

実施時間

延長保育料

午前7時30分から午前8時

30分ごとに100円

午後4時から午後6時30分

30分ごとに100円

画像

画像

画像

養老町延長保育事業実施規則

平成29年3月29日 規則第11号

(平成29年4月1日施行)