○養老町斎苑の設置及び管理に関する条例

平成7年3月29日

条例第1号

(設置)

第1条 住民の公衆衛生その他公共の福祉の増進を図るため、養老町斎苑(以下「斎苑」という。)を設置する。

2 前項の斎苑の設置及び管理に関する事項については、地方自治法(昭和22年法律第67号)第244条の2第1項の規定に基づき、この条例の定めるところによる。

(名称及び位置)

第2条 斎苑の名称及び位置は、次のとおりとする。

名称 養老町斎苑「清華苑」

位置 養老町高田2930番地の1

(施設等)

第3条 斎苑に火葬炉のほか、附属施設としてへい獣等焼却炉、霊安室、和室、告別式場、祭壇及び霊柩車等(以下「施設等」という。)を設置する。

(使用許可)

第4条 施設等を使用しようとする者は、別に規則で定めるところにより、あらかじめ町長の許可を受けなければならない。

(使用の順序)

第5条 施設等の使用は、届出の順序による。

(使用料)

第6条 第4条の規定により、使用の許可を受けた者は、別表に定める使用料を納付しなければならない。ただし、霊柩車の使用については、使用料を徴収しない。

2 前項の基本料金を超える場合は、使用後別表に定める超過加算額を納付しなければならない。

3 町外の者が使用する場合は、前2項に掲げる使用料の3倍の額とする。

(使用料の減免)

第7条 次の各号のいずれかに該当する者は、前条に掲げる使用料を減免することができる。

(1) 町内の住民で生活保護法(昭和25年法律第144号)の規定による生活扶助を受けている者

(2) 旅行中死亡し、身元が分からない者

(3) その他管理者が必要と認める者

(使用料の返還)

第8条 既納の使用料は、町長が特別の理由があると認める場合のほか返還しない。

(使用許可の取消し)

第9条 町長は、使用者がこの条例若しくはこれに基づく規則に違反したときは、使用の許可を取り消すことができる。

(委任)

第10条 この条例の施行について必要な事項は、規則で定める。

附 則

この条例は、平成7年4月1日から施行する。

附 則(平成14年12月27日条例第29号)

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(平成17年12月26日条例第31号)

この条例は、平成18年3月1日から施行する。

附 則(平成25年12月20日条例第39号)

(施行期日)

1 この条例は、平成26年4月1日(以下「施行日」という。)から施行する。

別表(第6条関係)

種別

単位

使用料

備考

火葬炉

大人

1体につき

1万3,000円

12歳以上の者

小人

1体につき

1万1,000円

12歳未満の者

死産児

1体につき

8,000円


身体の一部

1体につき

5,000円


へい獣等焼却炉

1頭につき

3,180円

犬、猫等

霊安室

1体1回24時間以内

3,180円

単位時間を超過して使用するときは、超過時間1時間につき610円を加算する。ただし、使用時間の計算において、1時間未満は1時間とみなす。

告別式場

東全館

1室(通夜から告別式)

10万8,000円

告別式のみの場合は、上記の3分の1の額とする。

東半館

1室(通夜から告別式)

5万5,530円

西館

1室(通夜から告別式)

8万6,400円

和室(遺族・僧侶等控室)

1室(通夜から告別式)

1万5,420円

東全館の場合は、上記の2倍の額とする。

告別式のみの場合は、上記の3分の1の額とする。

和室・洋室

1室(通夜から告別式)

3万840円

告別式のみの場合は、上記の3分の1の額とする。

祭壇

雲上東全館

一式(通夜から告別式)

9万2,550円

昇天①東半館

一式(通夜から告別式)

7万7,130円

昇天②東半館

一式(通夜から告別式)

7万7,130円

紫雲西館

一式(通夜から告別式)

8万3,310円

備考

1 この表中「通夜から告別式」とは16時から翌日の14時まで、「告別式のみ」とは9時から14時までとする。ただし、和室(遺族・僧侶等控室)、和室、洋室の使用時間は16時までとする。

2 消耗品は別料金とする。

養老町斎苑の設置及び管理に関する条例

平成7年3月29日 条例第1号

(平成26年4月1日施行)

体系情報
第8編 生/第2章 保健衛生
沿革情報
平成7年3月29日 条例第1号
平成14年12月27日 条例第29号
平成17年12月26日 条例第31号
平成25年12月20日 条例第39号