○養老町保育所の設置及び管理に関する条例

昭和52年7月27日

条例第20号

(総則)

第1条 養老町立保育所の設置及び管理に関し必要な事項は、法令その他に特別の定めがあるもののほか、この条例の定めるところによる。

(保育所の設置)

第2条 保育所の名称及び位置は、次のとおりとする。

名称

位置

養老町立養北保育園

養老町飯田790番地

(入所児童)

第3条 保育所に入所するものは、児童福祉法(昭和22年法律第164号。以下「法」という。)第24条の規定により町長が措置した児童(以下「措置児童」という。)とする。

2 前項の規定にかかわらず、措置児童が定員に達しない場合には、その範囲内において措置児童以外の児童(以下「私的契約児」という。)を保育所に入所させることができる。

(利用料)

第4条 私的契約児に係る保育料(以下「利用料」という。)は、町長が別に定める。

2 利用料は、毎月23日までに別に定めるところにより納入しなければならない。

(利用料の減免等)

第5条 町長は、災害その他特別の理由により必要があると認めるときは利用料の全部若しくは、一部を免除し又は前条第2項に規定する利用料の納期限を延長することができる。

(管理)

第6条 保育所を管理するにあたっては、住民の利用に便利であるように使用の手続、時間、条件、その他管理に関し必要な事項について適正な考慮を払わなければならない。

(委任)

第7条 この条例の施行に関し、必要な事項は町長が別に定める。

附 則

1 この条例は、公布の日から施行し、昭和52年4月1日から適用する。

2 養老町保育所条例(昭和36年養老町条例第5号)は、廃止する。

附 則(昭和53年9月29日条例第27号)

この条例は、昭和53年10月1日から施行する。

附 則(昭和55年3月22日条例第7号)

この条例は、昭和55年4月1日から施行する。

附 則(平成28年12月28日条例第22号)

(施行期日)

第1条 この条例は、平成29年4月1日から施行する。

養老町保育所の設置及び管理に関する条例

昭和52年7月27日 条例第20号

(平成29年4月1日施行)

体系情報
第8編 生/第1章 社会福祉
沿革情報
昭和52年7月27日 条例第20号
昭和53年9月29日 条例第27号
昭和55年3月22日 条例第7号
平成28年12月28日 条例第22号