○養老農村勤労福祉センターの設置及び管理に関する条例

昭和56年3月17日

条例第5号

(設置)

第1条 農村地域に導入される工業に就業する者の福祉の増進を図るとともに、その雇用の安定に資するため、養老農村勤労福祉センター(以下「センター」という。)を設置する。

(名称及び位置)

第2条 センターの名称及び位置は、次のとおりとする。

名称 養老農村勤労福祉センター

位置 養老町石畑484番地3

(職員)

第3条 センターに、所長その他必要な職員を置く。

(使用者)

第4条 センターを使用できる者は、農村地域に導入される工業に就業する雇用保険の被保険者とする。ただし、その使用に支障がない場合には、その他の者にも使用させることができる。

(使用の許可)

第5条 センターの施設を使用しようとする者(以下「使用者」という。)は、あらかじめ町長の許可を受けなければならない。

(使用の不許可)

第6条 町長は、次の各号のいずれかに該当する場合はセンターの使用を許可しないことができる。

(1) 公の秩序、又は善良な風俗に反するおそれがあると認めるとき。

(2) センターの管理上支障があると認めるとき。

(3) その他、使用させることが適当でないと認められるとき。

(使用許可の取消し等)

第7条 町長は、使用者が次の各号のいずれかに該当する場合は、使用を停止させ若しくは使用の許可を取り消し、又は退場を命ずることができる。

(1) この条例又はこの条例に基づく規則に違反したとき。

(2) 使用目的以外に使用したとき。

(3) 使用若しくは使用する権利を譲渡し、若しくは転貸したとき。

(4) 前各号に掲げる場合のほか町長が特に必要と認めたとき。

(使用料)

第8条 使用料は、別表第1及び第2に定めるところにより使用者から徴収する。ただし、町長が公益上必要と認めるときは使用料を減じ、又は無料とすることができる。

(使用料の還付)

第9条 既に納入した使用料は還付しない。ただし、使用者の責によらない事由により使用することができないときはこの限りでない。

(損害賠償)

第10条 使用者は、施設又は設備を故意若しくは過失により損傷した場合において現状回復ができないときは、町長の認定に基づき相当の代価を弁償しなければならない。

(委任)

第11条 この条例の施行について必要な事項は、町長が規則で定める。

附 則

この条例は、昭和56年4月1日から施行する。

附 則(昭和60年3月20日条例第10号)

この条例は、昭和60年4月1日から施行する。

附 則(昭和61年12月25日条例第34号)

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(平成3年9月25日条例第30号)

この条例は、平成4年4月1日から施行する。

附 則(平成15年3月31日条例第7号)

この条例は、平成15年4月1日から施行する。

附 則(平成25年12月20日条例第39号)

(施行期日)

1 この条例は、平成26年4月1日(以下「施行日」という。)から施行する。

別表第1(第8条関係)

1 会議室使用料


午前

午後

夜間

全日

使用時間延長1時間につき

摘要

9:00~12:30

13:30~17:00

18:00~21:30

9:00~21:30

雇用保険被保険者及びその他勤労者

研修室

520円

(260)

520円

(260)

840円

(420)

1,690円

(840)

160円

(80)

( )内は分割使用1室につき

中ホール

3,170円

3,170円

6,350円

12,710円

1,270円

(談話室を含む)

一般

研修室

840円

(420)

840円

(420)

1,050円

(520)

2,110円

(1,050)

200円

(100)

( )内は分割使用1室につき

中ホール

5,290円

5,290円

10,590円

21,180円

2,110円

(談話室を含む)

拡声装置

520円

520円

520円

1,580円



卓球台

250円

(120)

250円

(120)

300円

(150)

840円

(420)


1台につき( )内は中学生以下

別表第2(第8条関係)

1 冷暖房使用時会議室使用料


午前

午後

夜間

全日

使用時間延長1時間につき

摘要

9:00~12:30

13:30~17:00

18:00~21:30

9:00~21:30

雇用保険被保険者及びその他勤労者

研修室

630円

(310)

630円

(310)

1,050円

(520)

2,110円

(1,050)

200円

(100)

( )内は分割使用1室につき

中ホール

4,130円

4,130円

8,240円

16,520円

1,580円

(談話室を含む)

一般

研修室

1,050円

(520)

1,050円

(520)

1,370円

(680)

2,750円

(1,370)

260円

(130)

( )内は分割使用1室につき

中ホール

6,890円

6,890円

13,770円

27,540円

2,110円

(談話室を含む)

養老農村勤労福祉センターの設置及び管理に関する条例

昭和56年3月17日 条例第5号

(平成26年4月1日施行)

体系情報
第7編 育/第3章 社会教育
沿革情報
昭和56年3月17日 条例第5号
昭和60年3月20日 条例第10号
昭和61年12月25日 条例第34号
平成3年9月25日 条例第30号
平成15年3月31日 条例第7号
平成25年12月20日 条例第39号